RECRUIT

姉にあこがれて入職しました

皆さんこんにちは。私は、消化器内科で勤務しています。少しでも皆さんの情報に役立てるよう私の経験してきたことを振り返りながら当院のことを紹介したいと思います。

東大病院を選んだ理由

まず、私が当院への就職を決めた理由です。私は、地方出身者であり、大学生の時漠然と東京で就職したいという思いだけがありました。春休みを利用していくつかの病院のインターンシップへ参加しましたが、これといって興味のある分野もなかったためなかなか就職先を決めることができずに悩んでいました。そんな中、姉が東大病院で看護師として働いており、姉から話を聞く中で当院の雰囲気の良さや教育体制がきちんとしていることを知りました。また、身近な人が7年間続けて働くことができているという安心感もあり、そのような環境の中で学ぶことで看護師として成長でき自分が目指す看護師像や興味の持てる分野をみつけることができるのではないかと思い、東大病院を就職先として選びました。

当院の新人教育体制は、新人1名に対してプリセプター・エルダーの2名がつき、看護における基本的な姿勢や技術はもちろん、精神面においてもサポートしてもらえるところが大きな特徴です。また、プリセプターやエルダーだけでなく、部署全体で新人をサポートしているため、成長しやすい環境づくりがされています。1年目の初めは慣れない環境で慣れないことをする不安や、できることが少ない無力さに落ち込むこともたくさんありました。しかし、先輩から丁寧な指導や助言をいただき、少しずつではありますが確実に成長することができたように思います。現在4年目になり後輩の指導にも携わる立場となりました。日々後輩のサポートを行いながらも、共に学び・成長していけるよう日々頑張って働いています。

プライベート

私の生活面についても少し紹介したいと思います。私は1年目の初めから3年目の半ばまで、当院の寮で生活をしていました。病院から近く、寮には先輩や同期がたくさんいるため安心して過ごすことができました。初めは仕事とプライベートの切り替えがうまくできないこともありましたが、徐々に生活リズムにも慣れ、自分の中でon、offの切り替えができるようになりました。休日には友人と買い物や旅行などに出かけ、有意義な時間を過ごすことができており、リフレッシュすることができています。

最後に

入職してから今まで辛いことや苦労もたくさんありましたが、それと同時に患者さんと関わる中でやりがいや喜びを感じながら充実した日々を過ごしています。そう思えるのも当院へ就職し先輩方からの支えや指導があったからだと感じており、私は当院へ就職してよかったと思っています。皆さんもこれから国家試験や就職活動があると思いますが、自分の目標や夢に向かって頑張ってください。

参加申込み

参加申込フォーム

※(株)マイナビが運営する外部サイトに飛びます。

※申込み期間終了後にキャンセルされる場合は下記の問合せ先までご一報下さい。

お問い合わせ

募集・採用に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

東京大学医学部附属病院 看護部事務室
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
TEL:03-5800-6520(直通)  FAX:03-3813-2336
受付時間:平日8:30~17:00

東京大学医学部附属病院 看護部人事担当者
E-mail:todainurse-office@umin.net