RECRUIT

同期や先輩に支えられて働いています

皆さん、こんにちは。私は、糖尿病代謝内科・腎臓内分泌内科病棟で働いています。
私は、学生時代、インターンシップに参加し、雰囲気などの良さにひかれて東大病院を希望しました。今年インターンシップに参加できず、就職先に悩んでいる学生さんも多いと思うので少しでも皆さんの参考になれば、と思います。

東大病院を選んだ理由

まず私が当院を選んだ理由の1つ目は、新人一人に対し、プリセプター、エルダーを中心に多くの先輩に支えられながら業務を行うことができるという点です。1年目の時は、すべての業務に不安がありましたが、プリセプター、エルダーのサポートがあり、必要なケアには一緒に入り、ケアの際もポイントや注意事項など指導してもらえたため安心できました。また、入職するまでも勿論きちんと仕事ができるのか、早起きできるのか等不安や心配ばかりでした。仕事が始まっても、すべての業務に不安があり、日々の業務にも追われパニックになることも多々ありました。そんな時にもプリセプター、エルダーを中心に多くの先輩方に、「大丈夫?」と声をかけてもらい、精神的にも救われたことを覚えています。また業務後には失敗したことの振り返りを一緒に行い、本当に親身になって関わってもらいました。そのため、一つずつできることが増え、成長を感じることができました。また、それを一緒に喜んでくれる先輩のおかげで看護に対して楽しさややりがいを感じるようにもなりました。プリセプター、エルダーは、仕事以外でもかけがえのない存在になりました。仕事終わりに一緒にご飯に行ったり、プライベートな相談をしたりなど今では何でも話せるお姉さんのような存在です。

2つ目は、キャリアラダー制度があり、新人はまずすべての人がレベルⅠにエントリーし、1年間かけて新卒者に必要な看護や技術などを学ぶことができるという点です。そこでは他の部署のスタッフと話ができ、他部署の特色・特徴などを知ることができる機会にもなりました。実際に研修で知り合った同期と仲良くなり、一緒にご飯に行ったりなどもしています。

プライベート

休日や寮生活などについてです。就職最初の頃は、参考書を読んだりなど勉強していたこともありましたが、勤務の疲れを解消するためにのんびり過ごしたり、友達とご飯に行ったりして、仕事のことをできるだけ忘れるようにして過ごしていました。私は、通勤していましたが、寮に住んでいる同期に聞くと、病院が目の前であり近いこと、寮で生活する新人の割合は多い為、同期が近くで生活しているというメリットがあるといっていました。

最後に

入職するまで、働くイメージもつかず不安でいっぱいだと思いますが、同じような状況だった自分も今日まで同期や先輩に支えられ働くことができています。当院は教育体制も良く、様々な形でサポートしてもらい成長することができるのでやりがいも感じられ、今はこれからの自分をさらにステップアップさせるための学びを始めています。少しでも東大病院に興味をもっていただけたらうれしいです。そして皆さんと一緒に働ける日がくることを楽しみにしています。

参加申込み

参加申込フォーム

※(株)マイナビが運営する外部サイトに飛びます。

※申込み期間終了後にキャンセルされる場合は下記の問合せ先までご一報下さい。

お問い合わせ

募集・採用に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

東京大学医学部附属病院 看護部事務室
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
TEL:03-5800-6520(直通)  FAX:03-3813-2336
受付時間:平日8:30~17:00

東京大学医学部附属病院 看護部人事担当者
E-mail:todainurse-office@umin.net