RECRUIT

小児医療センターで頑張っています

みなさん、こんにちは。私は、小児外科で勤務しています。

東大病院を選んだ理由

私が東大病院を志望した理由は、小児医療センターがあるということ、教育体制が整っているということでした。私は学生の頃に保育園でのアルバイトをしており子供と接することが多かったため、子供の成長や発達を身近に見る機会が多くありました。その成長や発達する中で看護をするということに興味を持ち小児科で働きたいと思いました。当院はNICU,GCU,PICU,小児内科、小児外科からなる小児医療センターがあり、最先端の小児医療を学べると思い当院を志望しました。

2018年4月から希望していた小児外科病棟で働いています。外科病棟なので入退院や手術、検査などが多く日々忙しいですが、やりがいがありとても充実しています。夜勤は、5月の連休明けから始まりました。勤務時間が長く大変ですが、徐々に休憩時間や勤務前後の時間をうまく利用できるようになり、夜勤にも慣れることができました。

当院の教育体制は、新人それぞれにエルダーとプリセプターの2人の先輩がついてくれます。そのため安心して業務を行うことができています。私が所属する小児外科では、月に1回振り返りを行い反省点や改善点、次の目標などを話し合っています。4~9月はエルダーと、10~3月はプリセプターと行います。振り返りを行うことで自分のできている点や課題が明確になるので、成長を感じることができています。また、プリセプター、エルダー以外の先輩方も優しく声をかけてくれたり、アドバイスをしてくれるので常に学ぶことができていると感じています。集合研修以外に病棟で勉強会や看護技術の練習を行うので、実践的な技術や知識を身に着けることができると思います。

病棟は、とても暖かい雰囲気であると思います。最初はなかなか自分から先輩に声をかけられずにいましたが、困っているとすぐに声をかけてくれます。今でも分からないことや悩んでいることを相談すると優しく指導してもらっています。小児科ということもあり、プレイルームがああり、クリスマスツリーやひな人形など季節の飾り付けがあるので楽しい雰囲気で仕事をしています。

プライベート

生活面では、4月から病院の寮で一人暮らしを始めました。大学生までは家族と住んでいたため初めての一人暮らしでした。最初は不安でしたが、病棟の同期も全員寮に住んでいるのでそれぞれの家へ遊びに行ったり、近くにご飯を食べに行ったりしてすぐに慣れることができました。寮から病院まで徒歩1分で着くので、朝落ち着いて出勤でき疲れていてもすぐに帰れるので良い環境で過ごすことができていると思います。夏休みなど長期休みも取得できるので海外旅行に行ったりと私生活も充実しています。

最後に

学生のみなさんは、今悩んでいると思います。東大病院は、教育体制が整っており働きやすいと思います。もちろん、仕事は大変です。しかし多職種と協働しながらやりがいをもって働いています。ぜひ皆さんと働ける日を楽しみにしています。

参加申込み

参加申込フォーム

※(株)マイナビが運営する外部サイトに飛びます。

※申込み期間終了後にキャンセルされる場合は下記の問合せ先までご一報下さい。

お問い合わせ

募集・採用に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

東京大学医学部附属病院 看護部事務室
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
TEL:03-5800-6520(直通)  FAX:03-3813-2336
受付時間:平日8:30~17:00

東京大学医学部附属病院 看護部人事担当者
E-mail:todainurse-office@umin.net