RECRUIT

北海道出身です

こんにちは。私は、整形・脊椎外科病棟で勤務しています。就職先として当院を選んだ理由や、就職してからの自分の成長過程や体験談、寮生活や休日の過ごし方など、紹介させて頂きます。

東大病院を選んだ理由

 私は、元々同じ病院で長く働き看護師として学び続け、キャリアアップしていきたいという思いがありました。私が当院を知ったのは、合同就職説明会にて説明を受けたことがきっかけです。そこで、教育体制やキャリアアップサポートの豊かさ、各都道府県から様々な方が来て働いているということに魅力を感じました。実際に病院見学会に参加し、先輩看護師からメッセージも聞けて病院の雰囲気も良いと感じたので、当院に就職することを決断しました。

 次に、就職してからの自分自身の成長過程や体験談についてです。主にエルダーとプリセプターの2名の先輩看護師が知識面・技術面について指導してくれます。毎月、プリセプターと自身の行動や知識・技術について振り返りを行い、良かったことも悪かったこともフィードバックしてもらっていました。様々なアドバイスを頂けるので、成長できたと実感できるのと同時に、自己の課題を明確にすることができていました。その他にも、私の病棟では、ペア体制で日々患者さんの受け持ちをしているので、その日にペアになった先輩からも直接指導を受けることができます。わからないことはすぐに相談でき、安心して働ける環境であると私は感じています。また、先輩たちは定期的に「プリエル会」と称し、1年目看護師の進捗状況を話し合い、各々の1年目看護師の課題を明確にし、こういう患者さんを受け持って学びを深めてもらおう、ここの知識が不足しているためここをアドバイスしよう、など1年目看護師が成長できるよう先輩看護師内で情報共有を行い、指導にあたってくれます。エルダー・プリセプターだけではなく、病棟にはフロア委員として教育係の先輩看護師もいるので、ラダーの課題や症例発表の資料の添削なども行ってくれます。日々たくさんの先輩看護師に支えられていると感じて働いています。

プライベート

寮生活や休日の過ごし方です。寮は病院のすぐそばにあり、病院付近で一人暮らしをする通常の家賃より安く住むことができます。部屋も広く、一人暮らしには十分な広さであり住みやすいです。寮には同期の看護師もいるため、休日は一緒にご飯を食べに行ったり、関東圏に遊びに行ったりしています。福利厚生の一つである職員専用のマッサージルームは、未だ利用したことがないのですが、先輩たちからの評判がいいので近々利用したいと考えています。福利厚生サービス「えらべる倶楽部」は、映画や宿泊、グルメ、レジャー施設、保育、家事サービスなど会員価格で利用できます。

最後に

当院は働いているスタッフ皆さんの出身地が様々であることに私は大変魅力を感じています。私は北海道出身なのですが、私の病棟では北は北海道、南は宮崎県出身の看護師が働いています。私の自己調査では、22/30人が東京都以外の出身です。したがって、病棟の休憩室には様々なご当地お菓子が広がっています。休憩室では方言が飛び交っています。ちなみに私のプリセプター・エルダーはともに広島出身であるため、話がエキサイトしてくると広島弁になります。

院内ではラダーの研修以外にも数多くの勉強会が開催されており、学ぶ環境に優れていると思います。先輩看護師も当院で成長した分、丁寧に指導してくださいます。安心して伸び伸びと働ける病院だと思いますので、是非入職をお待ちしています。

参加申込み

参加申込フォーム

※(株)マイナビが運営する外部サイトに飛びます。

※申込み期間終了後にキャンセルされる場合は下記の問合せ先までご一報下さい。

お問い合わせ

募集・採用に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

東京大学医学部附属病院 看護部事務室
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
TEL:03-5800-6520(直通)  FAX:03-3813-2336
受付時間:平日8:30~17:00

東京大学医学部附属病院 看護部人事担当者
E-mail:todainurse-office@umin.net