ABOUT

看護部の教育体制

東大式 新人受け入れ体制

新人が順調に職場に適応し、看護師として自信を持って成長と発達を続け、医療チームの一員として能力を最大限発揮できるように、プリセプター、エルダーを中心に、スタッフ、看護師長や主任副看護師長、教育委員、専任教育担当、看護部管理室が互いに連携しながら看護部全体でしっかりサポートします。

新卒者・経験者教育

新卒者はサポートを受けながら看護実践・研修を1年間行うことで、1年目終了時には看護に必要とされる基本的な知識、技術、態度を身につけることができます。
経験のある入職者には、チューターという担当者をおき、相談や支援ができる体制を整えています。

新卒者 1年間の教育・支援

経験者 1年間の支援

キャリアラダー

キャリアラダーの目的
理念やあるべき姿の実現に向けて、個々の成長・発達に応じた教育・評価を行い、社会人としての基盤、専門職業人として根幹となる能力の開発を行います。
看護職員はキャリアラダーへの取り組みを通して、主体的かつ継続的に学び続け、自発的に行動し、社会において広く活躍できる自律した看護職となることを目指します。

レベルV
より複雑な状況において、患者と患者をとりまく人々にとっての最適な手段の選択のもと、QOLを高めるための看護を実践し、組織的にも広範囲な役割を実践できる
レベルIV
幅広い視野で予測的判断をもった看護を実践し、組織的な役割遂行を実践できる
レベルIII
患者と患者をとりまく人々に個別的な看護を実践する
レベルII
基標準的な看護計画に基づき、自立して、看護を実践する
レベルI
基本的な看護手順に従い、必要に応じ助言を得て看護を実践する

スペシャリストの育成

認定看護師

5年以上の実務経験と看護部長の推薦を受けて、日本看護協会指定の教育課程を受講します(当院では出張扱い)。
修了後、審査に合格すると認定されます。

仕事をしながら専門性を高めるサポート

認定看護師教育機関への進学は、「出張」扱いとなります。そのため、給与をもらいながら資格の取得ができます。また、授業料の一部は病院が負担します。

専門看護師

5年以上の実務経験、看護部長の推薦を経て大学院へ進学・修了後、日本看護協会の審査に合格することで認定されます。
当院では、休職制度を利用した進学が可能です。

休職制度の活用

大学院に進学するにあたり、3年間を上限に「休職制度」を利用することができます。
東大病院に籍を残したまま、進学することができます。
ただし、給与の支給はありませんので、経済的基盤ができてからの活用をおすすめします。